1. 計量販売管理システム Kiwami トップ
  2. ソリューションから探す
  3. 砕石業

砕石業

課題①出荷台数が多く、計量業務に人手がかかりすぎる。

事前予約(事前受注)で計量受付業務を軽減


計量受付業務を簡素化、迅速化するには、計量受付時の事務処理手数を できるだけ軽減させることが重要です。

Kiwamiでは出荷予約(受注データ)を事前に登録することができます。 自社便の場合は配車時に取引の内容が確定しますし、他社便であっても 事前に情報を把握しておけば、前日や当日の業務開始時に情報を 入力しておくことができます。
出荷の際、重量値を入力するだけという状態にしておけば、 迅速な計量処理が可能です。 予約(受注)残数も把握できるので、当日(または明日以降)にどれくらいの 出荷予定があるかも把握できます。

課題②出荷業務を省力化したい。人的ミスを減らしたい。

周辺機器で計量受付業務を自動化


計量受付業務を省力化し、人的ミスを減らすには、計量受付時の 事務処理をできるだけ簡素化、自動化させることが重要です。Kiwamiでは周辺機器と連動した受付業務の自動化が可能です。


Kiwamiでは周辺機器と連動した受付業務の自動化が可能です。


車番認識カメラを設置することで、車両の番号を自動で判別します。 事前に車両番号による出荷予約を登録しておけば、計量受付業務を 自動化することができます。事前予約がない場合でも、車両番号の認識は 行いますので、車両番号の見落としの際の再確認の手間が軽減し、便利です。


計量ポストにICカードなどをかざすことで、情報を読み取り、計量処理を 自動化させることもできます。計量ポストにはさまざまな機能がありますが、 計量受付処理の軽減に大きく役立ちます。自社便のみを計量ポストで 自動化したり、総重量/空車重量の計量処理のうち、どちらかだけでも 自動化させるなど、自社の業務にあった自動化を構築することができます。


現金取引が多い場合には、現金自動釣銭機との連携も可能です。 計量受付業務を省力化するだけでなく、現金受け渡しの間違いがなくなる ことで、事務員様の精神的な負担軽減にもつながります。

課題③単価の管理が煩雑。請求書は現場ごとに合計値を表示する必要がある。

業界に特化した、売上管理機能。


砕石業では、取引先ごと、現場ごと、品目ごとに単価が決まることが多いです。 また台売り(車売り)の場合は、軽車両、2t車、4t車、10t車でそれぞれの 単価を設定しています。

Kiwmaiは、砕石業にも特化していますので、取引先ごと、現場ごと、品目ごとに 単価を設定することが可能です。もちろん台売り(車売り)の場合は、車種ごと (軽車両、2t車、4t車、10t車)の単価を設定することができます。 運搬料(運賃・配達料)を品代に含む運用でも対応できますし、運搬料 (運賃・配達料)を品代と別に請求する運用にも対応できます。

取引開始時に単価が未決定で、請求書発行まで決まらないということもあるよう ですが、その場合はこれまでの取引データを一括で変更する機能があります。 この機能では単価だけでなく、現場名称や請求先の一括修正も可能です。

 

また請求書においては、現場ごとにまとめて明細を印字することができ、また現場 ごとに改ページした請求書を印字するこも可能です。

対象業界に提供出来る機能の一覧

導入事例

拡大する事業に対応し、最適なシステム構築に成功!

京都環境保全公社様では、以前よりスクラッチ開発されたシステムを利用していましたが、機能の拡張に限界があり、拡大する事業に対応できないという課題がありました。
パッケージシステムをベースにカスタマイズを加え、最適なシステム構築を実現 できました。

資料請求・デモ申込を
ご希望の方

計量販売管理システム「Kiwami」の資料ご希望の方は
資料請求フォームよりお問い合わせください。

資料請求フォーム

計量販売管理システム「Kiwami」の出張デモを
ご提供しています。

デモ申込フォーム

お問い合わせ

CONTACT

お電話でのお問い合わせ

東京:03-6812-8051

大阪:072-464-7831

東京:03-6812-8051

大阪:072-464-7831

まずはお気軽にお問い合わせください